過払い金請求 デメリット

過払い金請求の時効@完済と再借り入れを続けていたケースの考え方

MENU

過払い金請求によるデメリットとは?

借金をした経験がある、もしくは現在進行形で借金をしている人は自分にも過払い金が
発生しているのではないかと思っていませんか?

 

過払い金というのは払い過ぎているものなので返してもらうのが当然です。
しかし、単純に考えるといきなり払い過ぎていたからお金が戻ってくるというのは美味しい話のようにも思えますね。
なので過払い金請求をすることによって何か良からぬことがあるのではないかと勘ぐってしまう人もいるでしょう。

 

過払い金請求をすることでよくデメリットとして挙げられるのは個人情報に傷が付くいわゆるブラックリストです。
しかし、過払い金請求をすることで必ずしもブラックリストに載るというわけではありません。

 

2010年以前までは借金を完済した状態で過払い金請求をしてもブラックリストに載ってしまうと言われていましたが、
現在は完済後に過払い金請求をしたところでブラックリストにはまず載りません。

 

過払い金請求をしてブラックリストに載るケースとしては任意整理となったケースです。
簡単に言うと過払い金請求をしても債務(借金)が残っている場合です。

 

その場合は任意整理となって個人信用情報に登録されてしまいます。
そういったこともあって過払い金請求は完済後に行うのがいいと言われているんですね。

 

現在借金を返済中であったとしても過払い金によって借金の元本が無くなり、完済となったり
さらに現金が戻ってくるような場合は返済中であっても信用情報に登録されることはありません。
(業者によっては一時的に登録されてしまうケースもありますが、消してもらうことが可能)

 

個人信用情報に登録されてしまうと一定期間カードが作れなくなったりローンを組めなくなってしまうので
デメリットと言われていたわけです。

 

もし、万が一にでも信用情報を傷付けたくないという場合は完済後に行うか、自分で引き直し計算をして
明らかに過払い金が現在の借金を上回っているような状態で行うといいでしょう。

 

また、ブラックリストではありませんが、通常過払い金請求をした業者からは新規の借入は難しくなります。

 

その他に考えられるデメリットとしては自分で過払い金請求をしようとした時に手間がかかったり、
場合によっては過払い金を取り戻せないというケースも考えられますので専門家に依頼するのが安心です。

 

過払い金は支払うのが当然なのですが業者によってはできるだけ払いたくない、減額したいという
思惑があったりするのでそういうケースは個人だと限界があります。