過払い金請求 発生 条件

過払い金請求の時効@完済と再借り入れを続けていたケースの考え方

MENU

過払い金が発生する条件とは?

最近はテレビやラジオ、それに電車の吊り広告などでも、過払い金請求の広告というものを見かけたことがあるという人もいますよね。

 

そもそも過払い金というのは何なんでしょうか?
過払い金というのは、法定利率を上回る金利で借入をしていた借金があった場合に、本来の法定利率で計算をし直して、払い過ぎたお金がある状態のことをいいます。

 

この法定利率というのは、借り入れている金額によっても変わってきます。
もし、一社での借入元金が10万円以下の場合は、利息は20%までと決まっています。

 

10万円〜100万円の場合には18%、100万円以上の場合には15%というのが法定利率です。

 

もし、これより高い利率で借入をしていた場合には、過払い金が発生していることがあります。
また、過払い金には時効があります。

 

すでに返済を済ませてしまっている人の中で、その返済終了が10年以上前の場合には、過払い金が発生していたとしても、返還請求をすることが出来ません。

 

自分が返済していた時の金利なんて良く分からないという人も多くいると思いますが、気になる場合には、一度過払い金請求が可能かどうかを、法律家に確認をしてみてください。