過払い金請求 信用情報

過払い金請求の時効@完済と再借り入れを続けていたケースの考え方

MENU

過払い金請求をすると信用情報に傷がつく? 

過払い金請求を金融業者に行うことで、個人信用情報には傷がつくことがあるのでしょうか?

 

 

まずいくつかのケースで確認してみましょう。
まずは、すでに債務を完済しており、完済済の金融業者に対して過払い金請求をした場合です。
この場合いは、すでに完済をしているので、個人信用情報に情報が登録されるということはありません。

 

ただ、完済直後の場合には、稀にまだ完済の情報が登録されていないために、一時的に債務整理を行っているという情報が登録されることがありますが、これも一時的なものになり、すぐに事故情報自体が削除されますので、安心してください。

 

 

次に、現在返済中の債務について、過払い金請求をした場合です。
この場合には、過払い金請求をすることによって、一時的に債務整理を行っているという情報が登録されることがありますが、過払い金が発生していることが判明して、金融業者が過払い金請求を承諾し、変換するという和解が成立すると、事故情報自体が削除されます。

 

つまり、過払い金請求によって信用情報にキズが付くことはないんです。
ただ、返済途中の場合で、過払い金請求をしたものの、過払い金がなかった場合には、債務整理の情報が登録されることがあります。

 

過払い金が有るのかないのかということを、事前にチェックしておくことで、このよなことが起こらなくなりますよ。