債務整理

過払い金請求の時効@完済と再借り入れを続けていたケースの考え方

MENU

近頃よく目にする債務整理とは?

法律事務所などのチラシや、折り込み広告などで度々「債務整理」という言葉を目にしますが、これって一体どういう意味?と疑問に思った人もいるでしょう。
債務整理とはその名前の通り、債務イコール借金を整理する作業のことを言います。借金をして返せない理由は人によって異なりますが、多くの場合は増えすぎた利息によって支払いが滞ってしまうケースです。実はこの利息にこそ債務整理を行うためのポイントが隠されているのです。
お金を借りる時、法律では「利息制限法」と「出資法」という2つの法律が関係してきます。利息制限法の場合、利息の上限をいくらにするかを明確に定めている法律であり、借金が10万円未満ならば利息は年20%まで、借金が100万円未満ならば利息は年18%まで、借金が100万円以上なら利息は年15%までと定められています。これに対して出資法では利息の上限は29.2%までと定められているため、出資法で計算するほうがより多くの利息を請求することが出来るのです。
この利息の差を利用して、多くの金融会社は多くの利息を消費者から寄せ集めようとします。
このグレーゾーンを専門家によって見直してもらうことで、自分が多く払いすぎていた利息を取り戻したり、今後の支払いを軽減させるように手続きを行うのが債務整理です。
計算方法などはインターネットで簡単に知ることが出来るため、自分で計算して債務整理を行うことは不可能ではありませんが、相手側との交渉も必要なため出来ればプロに依頼するのがおすすめです。

債務整理関連知識記事一覧

カードローンやキャッシングが、広く普及するようになると、手軽にお金を借りられるために、安易に借入れをして返済が困難になり生活が困窮する方が増えてきました。放置しておくと、残高がかさみさらに苦しい状況に陥るので、早期に債務整理をすることをおすすめします。債務整理は、個人レベルで行えるものとして、複数のキャッシングを銀行のおまとめローンなどで一本化する方法があります。この方法によって、毎月の返済負担額...

負債を積み重ねてしまい生活が困難になったなどの理由で弁護士または認定された司法書士に債務整理を依頼しようとする場合には、本人確認やその後の法的な手続きを進めるために、必要書類の提出を求められることとなります。債務整理の方法にも任意整理、法的整理、特定調停といったさまざまなものがあるため、個別のケースによって異なる場合がありますが、一般的には、運転免許証や健康保険証、写真付住民基本台帳カードといった...

任意整理は、債務整理の一種であり、裁判所などの公的機関を通さずに、業者と直接交渉を行うという事が特徴です。具体的には、引き直し計算により返済額を決定した後に、将来金利をカットした金額を3年間かけて返済するという内容です。返済額は全て元本に充てられるので、返済額を大幅に減少する事が出来ます。個人でも行う事は出来ますが、弁護士や司法書士等の専門家に依頼するのが、一般的です。引き直し計算は、利息制限法に...

以前に任意整理をしたことがある人の気になることの一つに「任意整理をしたけど住宅ローンを組むことはできるのだろうか?」という疑問があります。また、これから任意整理を検討されている人の中にも将来マイホームを購入したいと思っている人は気になるところではないでしょうか?実際にはどうなのでしょうか?先に結論から言ってしまうと一定の条件さえクリアすれば過去に任意整理をしていても住宅ローンを組むことはできます。...