任意整理 住宅ローン

過払い金請求の時効@完済と再借り入れを続けていたケースの考え方

MENU

任意整理をしても住宅ローンは組めるのか?

以前に任意整理をしたことがある人の気になることの一つに
「任意整理をしたけど住宅ローンを組むことはできるのだろうか?」という疑問があります。

 

また、これから任意整理を検討されている人の中にも将来マイホームを購入したいと
思っている人は気になるところではないでしょうか?

 

実際にはどうなのでしょうか?
先に結論から言ってしまうと一定の条件さえクリアすれば過去に任意整理をしていても
住宅ローンを組むことはできます。

 

そもそも住宅ローンの審査で何を見ているかというのは主に3つの項目です。
@年収 A勤務先 B信用情報

 

この3つですが、任意整理と住宅ローンの関係でみると重要になるのはBの信用情報になります。
信用情報というのはいわゆるブラックリストと呼ばれているもので任意整理をすると
この信用情報に事故情報として記載されてしまいます。

 

ですので住宅ローンの審査でみるとこの信用情報の項目でチェックが入ってしまうということです。
しかし、信用情報の事故情報は任意整理をして借金を返済した後に5年が経過すると消えると言われています。

 

 

以上のことから任意整理をしていても住宅ローンを組むことはできますが、返済後少なくとも5年間は
審査を通すことは厳しいということになります。

 

もちろん、任意整理をしたばかりでまだ返済が終わっていないような場合は厳しいでしょう。
なので任意整理をしているけれど住宅ローンを組みたいという人の多くは任意整理の返済をしながらも
自己資金を貯めておいて返済から5年経過した段階で住宅ローンの申し込みをするという人が多いようです。

 

ちなみに信用情報の照会は個人でできるので自分の信用情報がどうなっているのか気になる人は
一度問い合わせてみることをオススメします。

関連ページ

債務整理の方法について
債務整理にはどのような方法があるのでしょうか?
債務整理を依頼するための必要書類
任意整理のメリット
債務整理の中の任意整理にはどのようなメリットがあるのでしょうか?